読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おめでとう!駒大苫小牧



 夏の甲子園が幕を閉じた。春・夏通じて初めて北海道勢が優勝するとは・・・ちゃんとドラマって起きるものだねぇ。松坂擁した「横浜」以来となる春夏連覇に挑んだ、春の覇者・済美も惜しかった。まあ、私学の創部3年目。それまでは女子校だった経歴から、共学になって全県から野球推薦で選手を集めたのは容易に想像できる・・・夏はそう簡単に勝てない、って事を知ってもらえて良かったけどね。


 終盤に、ひとつ大きなプレーがあった。こないだ、アテネでも福留が見せたダイビングキャッチから日本が流れを呼び込んだけど、今日も、駒大ショート・佐々木主将の背走キャッチファインプレーから、一気に流れが駒大苫小牧へいったね。野球で、序盤からノーガードの打ち合いってのは観てる方は楽しいけど、応援してる方とやってる選手は、かなり大変だったろうけど。ま、何年か前のしょぼい決勝より、はるかに観応えのある内容でいい試合だった。まだまだ高校野球も捨てたもんじゃないね。


 しかし、前評判の高い選手が「東北」の[ダルビッシュ有]ぐらいしかおらず注目選手がいなかったのと、昼間よりも夜中の[アテネオリンピック]に視聴者の意識が高まって、いまいちに盛り上がりには欠けていたように思う。
 というのも、民放はスポンサー繰りが苦しくて、センバツの中継は準決勝と決勝しかやらなくなったり、もう解禁だと思うから書くけど、夏の高校野球主力番組「熱闘甲子園」のメインスポンサーが、オリンピック公式スポンサーを理由に高校野球から降りる、って話を耳にしてたんで、今年の夏はホントにヤバいんじゃないかなぁ・・・と感じてた。まあ、オリンピックと高校野球で、プッシュする「商品」を分けて、一応高校野球でもスポンサーに残ったみたいだから、何とか番組は今までどおり継続したようだけどね。視聴率を調べてないから何とも言えないけど、それほど落胆するような事態にはならなかったんじゃないかな? 来年以降はどうなるか分かんないけどねぇ。