読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 泣かせるコメントだ 20:00

ニュース 音楽

 TM NETWORKメンバーの宇都宮さんと木根さんのサイトに、それぞれコメントが掲載されていた。ウツのコメント、「小室哲哉氏の報道に関して」は誰でも閲覧できるけど、木根さんは「皆さんへ」と題してメンバーズオンリーにカテゴリ*1されてた。彼のコメント中に

多くの方が、彼に悪いイメージをもたれたかも知れませんが、
たくさんの人達に勇気を与えてきたことも事実だと思います。
彼がゼロから立ち直る力も持っていると思います。

だから僕は、TM NETWORKの復活もあると信じています。

 とあった。もう一件、デビュー当時からの作詞担当、みつ子さんもコメント「長年の音楽仲間として」を出していたので載せておく。たとえメディアが見放したとしても、僕個人的に、ぜひ復活して欲しいと願っているし、きっと帰ってきてくれると信じてる。
 予想通り、やはり小室哲哉氏に関する音楽配信・販売がすべて停まりそうな勢いだ。今後の発売分はともかく、過去の作品についてはいいんじゃないかねぇ。覚醒剤だの麻薬だのやって芸能界に復帰してるミュージシャン、どんだけいるんだよ、と。彼らの楽曲と、どんな差があるのかと言いたい。
 確かに生活レベルというか浪費癖が直らなかったのは個人の責任だが、二重譲渡だの三重譲渡だのは、きっと周りに入れ知恵した人がいるんだと信じたい。JASRAC管理に入るとそこから還流してくる金が入るから、文化庁登録の著作権保護まで音楽出版社側で気が回らなかったのが盲点だったみたいだし。学生時代に、音楽に関する著作権関係は勉強したけど、いろいろ法改正が入って変更されてることがあるんだなぁ。こんな複雑な流れ、'90年代じゃ考えられんよ・・・いくら何でも、ただのミュージシャンが思いついたにしては規模がデカ過ぎるんじゃないかねぇ。
 一方、調べた限りでは、一時期、氏は母校の名誉校長に名を連ねて、何枚かコラボレートCDとかプロデュースCDを教育製作の延長線上でリリースしてたようだ。今は影も形も残ってないから、おそらく吉本との契約解除あたりで大阪と縁が切れて同時期に抜けたっぽい。まあ、今さら講師や恩師に何か聞くのもアレだし、やっぱ触れないでおくかな(’’

*1:登録してないとリンク先でも読めないと思う。