読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 何という“負の因縁” 25:18

雑記

 思い返せば、私の利用するサービスはことごとく終わっていく・・・。
 '98年か'99年当時、まだADSLなんか始まる前で最速回線がISDNだっけか。あんときはZaurus MI-P1を使っててSANNETも利用してたけど、自宅用につなぎ放題で最安値のプランを提供してたJustNetに飛びついたんだよな。テレホーダイとセットで。が、のちにSo-netに吸収合併された・・・。
 そして、携帯のツーカーホン関西。とてもユニークな経営路線で、着信音色に拘ったりしてコアなユーザが愛用してた。最大64和音まで成長して、今後どうなるかと思ったら、シンプル路線に変更してそこから見事にコケた。で、KDDIに吸収されてTU-KAの愛称だけは残ったけど、それも去年3月で姿を消した・・・。
 さらには、Zaurus。これも多種多様なサードパーティを巻き込んで盛り上がった文化だったけど、今思うとちょっと時代が早かったのかも。ここまで、携帯電話と電子手帳的端末が融合してしまうとは誰も思わなかっただろうしなぁ。もう2,3年、進化のスピードが遅ければ超小型PCクラスの先駆者として良い立ち位置で勝負できたと思うのに。完全に開発が終わってしまい、後継機種の登場は二度となさそう。経験と知識を繋ぐ、同じシャープ製端末の次の世代としてNetWalkerに期待したい。
 で、今回出たのが格安ブランドSOTECの消滅。10万以下でデスクトップPCを売り出したのって、ここが最初じゃなかったけなぁ。その安さに惹かれて、'99年当時に前述のMI-P1からオンラインで注文、カード決済?(銀行振込だったかな?)して、初めて買った自宅用パソコンがeONE500Aだったんだよなぁ。そう、あのiMacを模して造られたシリーズだ(笑)
 たしか裁判沙汰にまで発展して、結局、ソーテック側が製造・販売を差し止められてケチが付いたアレ。あのあたりから「安かろう悪かろう」「サポートが最悪だ」なんて悪い噂が出始めて、急激に萎んでいったな。ちょうどADSL元年あたりに持ってたけど、そのADSLポートの基盤がBIOSでオフにしてあるというクソ仕様だったな!w 去年か一昨年ぐらいにオンキヨーに買収されて、この度、ブランド名もなくなることになったそうだ。
 ・・・ホント、使ってるor使ってたモノが、どれもこれもなくなるんだよなぁ。
 なんか呪われてるんだろうか?(’’