読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 悪あがきも必要(笑) 13:14

道北

 走り出してから約3時間。宗谷本線沿いの国道40号を相当な距離を走ったけど、まだまだオホーツク海は見えない。そういえば、朝しっかり食べたから、なかなか腹が減らなかったけど、昼飯にすることにした。ちょうどお昼もまわったことだし。2日目の昼は前から決めてた。どんな雑誌を読んでても道北の食べ物で必ず出てくる、音威子府駅の「立ち食い蕎麦」だ。Yahoo!の掲示板で行程のアドバイスしてくれた人も勧めてくれたし。
 が、しかし。ようやく着いたと思ったら、駅の外観は白いビニールで覆われている。どうやら改装中のようだ。でも、まあ目的は構内のはずだし、大丈夫と覗いてみると駅の中も閑散としている。もしや?!と思ったら、やっぱり。なんと立ち食い蕎麦屋が休みだった。「水曜定休日」と悲しい貼り紙がしてあった。くぅ〜、よもや平日が定休日とは・・・大誤算。なるべく行き当たりばったり感を楽しもうと思ってたから、そんなことまで下調べする気持ちの余裕はなかったなぁ。チェッ、こっちもオアズケかぁ。
 でも、ここまで来て蕎麦を食べれないのは悔しいから、隣接する「道の駅・おといねっぷ」の食堂で大もりを2枚食ってやった。まず吃驚したのが、蕎麦が真っ黒。細い割にしっかりしてる。一緒に出てきたのは、継ぎ足し用のダシと蕎麦湯だった。なかなか洒落た演出だ。これで600円なら満足かな。もうちょっと量が多くても良かったけど。さぁて、クッチャロ湖まであと少し、もうひと踏ん張りだな。