読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 TK5億円詐欺? 08:29

ニュース 音楽

 いつか何か出るんじゃないかとは思ってたけど、まさか詐欺だとは・・・。堕ちぶれた芸能人の王道、麻薬取締法違反あたりでパクられるんじゃないかと想像してただけに、地検が動くようなことになるのは意外だな。
 新聞もテレビも一斉に報じてるけど、どこの特ダネだろう? もしくは、事情筋リリースの解禁モノかなぁ。NHKは任同される今朝の小室哲哉の様子をデジで押さえてたけど、他局はどうだったんだ? ゆっくりザッピングしてワイドショーをチェックしてる時間も無いんで出掛けたけど、駅に来て思わずスポーツ紙を2つ買ってしまった(’’


 まあ、経営面では香港にブチ立てた“Rojam.com”が失敗したのが大きいだろうな。僕自身も有料会員になってて、TKブランドのCDとかグッズ、国内外の他アーティストのチケットとかも買えたんだったな。何年だっけか、NewYearメールとか本人からのメルマガとか、タレントブログなんてまだまだあり得ない時代の、画期的な取り組みだったんだが・・・。最終的には経営に行き詰まって、たしか当時で10億だったか50億だったかドデカイ負債抱え込んで、あれで首が回らなくなって、やりたくもない吉本の音楽プロデュース部門を受けるハメになったり、バラエティにも出たりし始めたりしたしな。


 ファン的視点からすれば、スピード婚〜スピード離婚だった前妻に引っ掛かったのが運の尽きっぽい感が強い。明らかに、あっちに“してやられた”って印象で、どうにもあのへんから転落が始まってる気がしてならない。別に過去の栄光でもいいじゃないか、一時代を築いてしまえば著作権利用料と印税収入で一生食っていけるのになぁ。あのクラスなら、二次使用、三次使用だけで年間ウン千万単位で入ってくるんだけどねぇ。すでにその権利すら手放すことになってたようだし、その程度じゃ運転できないぐらい借金の方が膨らんでしまってた、ってことかね。


 今でこそ、着メロを始めとして、携帯,PCでの音楽配信、音楽サイトって当たり前になったけど、'90年代後半とか'00年代始めって、ただでさえCDが売れにくくなって、音楽DLなんて以っての外という時代。楽曲がデータ化して出回ってしまうと、どうお金に換金して音楽業界が潤うのかあれこれ模索してる時代だったからね。あと5年、いや、あと3年、Rojamをやるのが遅ければ、まわりも上手く取り込めて資本的にも一人で被らずに済んだだろうし、きっと軌道に乗せることができただろうに。・・・ホント先見の明と、成功は紙一重だなぁ(’’
 という訳で、今日は“TMメドレー”を♪BGMに愚痴ってみましたm(_ _)m