読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 今日の一枚は最後の晩餐 12:21

 今回、北海道へ入ってから、まだラーメンを食べてないことを思い出した。最後の昼飯はラーメンにしよう。もちろん、函館に来たら“塩ラーメン”で決まりでしょう、ってことで、4件ほどが近いようだけど、駐車場のある「新函館ラーメン・マメさん」に入った。どうやら、横浜にあるラーメン博物館に出店してる、もしくは過去に出店してた店のようだな。そんなの、全然知らなかったけど(^-^;

 接客のお姉さんがスゴイ勢いで働いてた。ボールペンをカチカチさせながら、客を席へバンバン案内、食券コーナーへの誘導も手慣れたもの。お昼ラッシュが始まった入り口をテキパキさばいてた。まさにマシーンのようだった。
 で、注文は、塩ラーメンのねぎ増量と小ライスを頼んだ。他にも一日限定30食とか50食の醤油系も始めてるらしいけど、そっちには目もくれず。待つことしばし。ものの数分で塩ラーメンが到着。これを今日の一枚にしようとカシャ!! しまった(>_<) 全く無防備で撮ったけど、隣のお姉さんが「ビクッゥ!!」と反応した。驚かせてごめんなさいm(_ _)m まさか、あのぐらいの店内で、フラッシュが光るとは思ってなかった。油断したな。


 さて、まずはスープ。油がけっこう浮いてたけど、まったくシツコクない。かなりあっさりしてる。ふつー、塩ラーメンって、もうちょっと角があるというか、クッとくる塩味だけどココのは違うなぁ。塩のとがった感じがしない。
 麺は、黄色じゃなく白い。卵はあまり混ざってなさそうだ。それか使ってないかな? 店内のディスプレイによると、うどんの中力粉を混ぜてるそうだ。それに機械で押し出して作るんじゃなくて、包丁切りにこだわってるそうだ。それで、麺が細くてスパッとした切り口になってるのか。もう少し太ければ、稲庭うどんを思わせる食感なのも、ちょっと納得。


 それに、店主のこだわりでこの店のテーブルには「コショウ」を置いていない。コショウを掛けると、スープの風味が損なわれるから置かないとのこと。ま、希望者には店員が持って来てくれるけど。で、コショウの代わりに“ゆず皮のけずり”が置いてあった。これで塩味の風味が、また違った味わいになるのが不思議だったな。
 ふぅ〜。満腹満腹(*^o^*) 麺はちょっと少なめなんで、ガッツリいきたい人は、チャーシューが多くなる“塩チャーシューメン”の方がいいかも。じゃ、そろそろ時間になったし、Fitくんを返しに戻るかな。